.
鼻トラブルRescue
お問い合わせリンク鼻トラブルRescue

鼻のトラブル以外でも、気になる鼻関連情報をお伝えします。
胃カメラといえば口から管を入れるのが基本ですが、最近ではより苦しくない方法として鼻からカメラの管を挿入する経鼻内視鏡が注目されています。

【鼻からの胃カメラ】経鼻内視鏡検査の良いところ

  • 経鼻内視鏡

    経鼻内視鏡

    今までの苦しくてつらい「口からの胃カメラ」に対して、鼻から胃カメラを入れる経鼻内視鏡が「患者に優しい胃カメラ」として注目を集めている。

  • 鼻からうどん

    鼻からうどん

    経鼻内視鏡で使われるファイバースコープの太さはうどんと同じくらい。鼻の中が痛そうだが、局所麻酔を使うので苦痛はない。

  • 経鼻内視鏡で病気を早期発見・早期治療

    経鼻内視鏡で病気を早期発見・早期治療

    よっぽどの自覚症状がなければ極力避けたかったこれまでの胃カメラに対し、経鼻内視鏡は定期的に受けやすい胃カメラとなっている。

 
 

プールでおぼれたとき、鼻に水が入るとツーンとなってとても痛い思いをします。
それを思うと鼻に異物が入るというのは絶対避けたいですが、胃カメラの場合は違います!

口から胃カメラを入れるよりも、鼻から入れたほうが断然苦しくないのです。


鼻からの胃カメラ?

胃カメラといえば口からカメラ付きの管をズズズっと入れて、おえっおえーっとなりながら検査を受ける、とても苦しいものというイメージです。

しかし、最近は鼻から管を入れることでおえーっとならない経鼻内視鏡という胃カメラがあります。

経鼻内視鏡とは?

従来の口から管を挿入するタイプの胃カメラを経口内視鏡というのに対して、鼻から管を入れるものを経鼻内視鏡と言います。 経鼻内視鏡は口からのものより細い管を用い、鼻に負担をかけないように管を挿入します。口からの場合は管がおえーっとなるポイント(舌の付け根)を刺激してしまいますが、鼻からではそこを通らないため、おえーがなくなります。奇跡のルートです、鼻に感謝ですね。

ただ、おえーが無くても鼻は何かツーンとしてとても痛そうですね。しかし、経鼻内視鏡では鼻の中を局所麻酔するため、ほとんど痛みなくできるとして注目されています。これならば、次に胃カメラを受ける際には「鼻のやつで」と言ってみようと思えます。

もちろん、当サイトで扱っているような鼻の疾患やトラブルがある場合は経鼻内視鏡を利用できない場合もあります。耳鼻咽喉科で鼻の注意をいわれた人は検査前に伝えておかなければなりませんし、鼻腔が曲がっている人や鼻腔がせまい人は口からの検査になるそうです。

経鼻内視鏡についてさらに詳しく知る
経鼻内視鏡の特徴やメリット・デメリット
経鼻内視鏡を得意とするとよしまクリニック内視鏡センターのウェブサイト。
経鼻内視鏡に関する知識が得られると同時に、この検査を受けてみようかなあと思わせる情報がいっぱいです。

鼻からうどん?

口から挿入する経口内視鏡の管は直径約10mm(1cm)だそうです。これは太いですよね。想像しただけでおえっとなります。
それに比べて、経鼻内視鏡で使われるファイバースコープの太さは直径5.5〜6mm程度です。これはうどんや鉛筆くらいの太さで、経口のものに対して非常に細くなっています。
かといって、「うどんくらいならいける!」と思う人はなかなかいないでしょう。あのお笑い芸人のように、自分で鼻にうどんをがんがん入れていくなんてことは、素人にはできません。
しかし実際には、局部麻酔を使って鼻が痛くならないようにしたり、鼻腔へ局所血管収縮剤をスプレーして出血を予防したり、熟練の検査医が上手に管を挿入するため、鼻粘膜を傷つけずほとんど苦痛はないそうです。

島根県の出雲中央クリニックという病院では、経鼻内視鏡を受けた約5000人にアンケートをとった結果、95%の人が「次回やるときも鼻からがいい」と答えたそうです。

経鼻内視鏡を活用しよう!

苦痛がないのはいいけど、検査の精度は経口と比べてどうなのか?というところも気になりますね。

経鼻内視鏡は広角なレンズや高画質のCCDを使うことによって細いスコープでも高い精度を誇ります。また、患者が苦しまないので落ち着いてじっくり観察することができるとされ、早期発見が大事な胃がんの発見率は口も鼻も変わらないそうです。すばらしいですね。

そうなると気になってくるのはお値段です。

経鼻内視鏡は健康保険が適用されるため、3割負担だと5000円程度で受けられます。これは口からの内視鏡とほとんど同じ費用となっています。したがって、経鼻内視鏡を一度受けた人は「これなら毎年受けてもいい」と考える人が多いようです。

これまでの口からの胃カメラは、なんらかの自覚症状がなければできれば避けたいものでした。しかし、患者に優しい経鼻内視鏡の登場によってその傾向は変わりつつあります。従来は1次検査としてバリウムを使ったX線検査をし、何か見つかったら2次検査として内視鏡を用いるというのが一般的でした。それが経鼻内視鏡の受診されやすさから、1次検査で経鼻内視鏡を導入する医療機関も増えてきているそうです。

検査自体が苦しいとなかなか受けに行きたくなりませんが、苦しくないのであれば積極的に受けたいものですね。

日本人がかかりやすいとされる胃がんを早期に発見するためにも、つらくない経鼻内視鏡による検診を定期的に受けてみましょう!



鼻
<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank"><img src="http://hanatbresq.com/img/banner.gif" alt="鼻" width="88" height="31" border="0"></a>

鼻トラブルRescue

<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank">鼻トラブルRescue</a>

広告掲載