鼻トラブルRescue
お問い合わせリンク鼻トラブルRescue

その他の鼻のトラブル

「犬も歩けば棒に当たる」というように、どんなに注意していても偶発的なトラブルに巻き込まれてしまうことは良くあることです。特に鼻は偶発的なトラブルに巻き込まれたり、トラブルの原因になったりすることが多い部位といえます。ここでは鼻に纏わるトラブルについて紹介していきます。

鼻トラブルの対処法

鼻は顔のパーツの中でも最も前面に押し出された部位であると同時に、生命維持に欠かせない呼吸機能の大部分を担当する優れた器官です。しかし、様々なトラブルの火種にもなりやすい性質を持っていることも鼻の特徴なのです。

鼻の骨折の場合

鼻には壁や柱などの障害物や球技のボールなどが衝突しやすいという性質があるといえます。鼻と物の衝突は、衝撃の度合いが強ければ骨折という形になって表れます。鼻を骨折した場合は、応急処置として出血と腫れを抑えるために患部を冷やすのが最善です。「鼻が骨折したまま鼻をかむと気圧の関係で目が飛び出すことがある」といわれますが、出血を強める恐れがあるので出来れば鼻をかまないようにするべきでしょう。応急処置の後は、病院で骨折の治療を行ないましょう。

いびきの場合

寝ている間に強い寝息を立てるいびきは、鼻のトラブルによって引き起こされることがあります。いびきの原因は肥満体型や体調などによって気道が狭くなることで、身体がより多くの空気を吸い込もうとするために起こるものです。鼻炎や鼻づまりなどで鼻呼吸が充分に行なわれない状態になっていると、いびきを起こしやすくなるケースもあるのです。特に、肥満体型の人の場合は「睡眠時無呼吸症候群」を発症していることがあるためいびきは危険信号にもなりうるのです。いびきを解消するためには、市販されているいびき防止クリップなどで鼻孔を拡張して鼻呼吸の効率を上げたり、ダイエットして肥満体型の解消に努めたりすることが重要です。

鼻トラブルを予防する鼻洗浄

風邪や花粉症などの鼻に纏わる病気を予防する効果が得られる鼻洗浄は、鼻のトラブルを防止するために効果的な手段の一つです。鼻洗浄には専用の器具が市販されていますが、基本的には家庭にあるコップなどでも問題なく行なえます。鼻洗浄に使用する塩水は、0.9%の濃度を持つ生理食塩水が最良です。鼻洗浄を行なう際には、片方の鼻孔を指で押さえて洗浄する方の鼻孔で塩水を吸い上げるようにして注ぎ込みます。口は塩水を出しやすいように「エ」の形にして、声と共に塩水を排出するようにしましょう。

鼻の見た目のトラブル

鼻トラブルは鼻炎や鼻水といった鼻の中に起きるものだけでなく、毛穴の汚れなどの鼻の外側にも起こります。特に小鼻の毛穴は、脂が出やすく汚れやすいのが悩みどころといえます。小鼻の汚れを取るためには洗顔と毛穴の角質を取ることが有効ですが、毛穴の洗浄をこまめに行ないすぎると肌荒れの原因になってしまいます。毛穴の角質除去を行なう場合は、一ヶ月に一度程度の周期で行なうようにしましょう。

鼻
<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank"><img src="http://hanatbresq.com/img/banner.gif" alt="鼻" width="88" height="31" border="0"></a>

鼻トラブルRescue

<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank">鼻トラブルRescue</a>

広告掲載