鼻トラブルRescue
お問い合わせリンク鼻トラブルRescue

咽頭がん

かつては不治の病であったがんも、医療の進歩によって治せない病気ではなくなったといえます。しかし、発生する部位によっては治療が難しいがんも未だ健在なのです。鼻周辺に発生する咽頭がんも、そういった治療の難しい癌の一つであるといえます。咽頭がんの症状や治療について紹介していきます。

咽頭がんの特徴と治療について

咽頭がんは、鼻から喉に掛けての咽頭部に発生するがんのことです。咽頭ガンは、鼻と口の境目にある上咽頭、口の奥にある中咽頭、食道の入り口付近にある下咽頭の三箇所で発生し、それぞれ上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がんと呼ばれます。

症状

咽頭がんは、首のリンパ節と隣接する部位に発生する癌なのでリンパ節への転移が起こりやすいという特徴を持っています。鼻への影響が出るのは上咽頭がんだけで、中咽頭・下咽頭がんは主に喉から食道に掛けての部位に強い影響が表れます。

上咽頭がん

上咽頭がんは、鼻に近い部位で発生するため鼻や耳への影響が強いという特徴があります。鼻への影響としては、鼻血が出やすくなったり鼻づまりが起こりやすくなったりといった症状が現れます。耳に影響が出た場合、難聴などの聴覚障害を引き起こします。上咽頭がんは、発達した腫瘍が視神経を圧迫し視覚障害を起こす恐れがあるなど、非常に危険性の高いガンであるといえます。

中咽頭がん

喉周辺に発生する中咽頭がんは、食べ物や飲み物を飲み込む時に違和感が症状として現れます。この喉の違和感が、中咽頭がんの数少ない自覚症状なのです。リンパ節への転移が見られる場合、喉や扁桃腺の腫れという形で自覚できます。しかし、この時点ではかなり癌が進行した状態なので、手遅れになりやすいといえます。

下咽頭がん

下咽頭がんの場合、進行と共に声帯や首を通る神経に影響が現れます。声のかすれや声量の低下、耳の痛みなどが下咽頭がんの主な症状です。リンパ節への転移が多く見られるのも症状の一つで、場合によっては転移によって発生した複数の腫れがリンパ節に起こることがあります。

原因

咽頭がんの原因は未だ特定されていませんが、たばこなどが発病リスクを高めると考えられています。上咽頭がんの場合、悪性リンパ腫の原因となるエプスタイン・バーウィルス(EBウィルス)への感染や、シックハウス症候群の原因となるホルムルデヒドが関係していると見られています。

治療法

咽頭がんの有効な治療法としては、放射線治療が挙げられます。咽頭がんへの外科手術は無いわけではないのですが、隙間が狭いため難易度が高くなってしまうため放射線治療が主流となっているのです。上咽頭がんへの治療には外科手術が適用できないため放射線治療一本で行なわれます。中咽頭・下咽頭がんに対しては外科手術や抗がん剤投与が行なわれています。首のリンパ節への転移には外科手術が行なわれる場合もありますが、ほとんどの場合放射線治療で間に合うことが多いようです。

鼻
<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank"><img src="http://hanatbresq.com/img/banner.gif" alt="鼻" width="88" height="31" border="0"></a>

鼻トラブルRescue

<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank">鼻トラブルRescue</a>

広告掲載