鼻トラブルRescue
お問い合わせリンク鼻トラブルRescue

くしゃみ

鼻がムズムズして発生するくしゃみは、飛沫で他人に迷惑を掛けてしまうことがある鼻のトラブルです。しかし、くしゃみをすると周囲から気遣いされることが多いのもまた事実です。くしゃみにはどのような謂われがあり、どのような原因で発生しているのでしょうか? くしゃみについて解説していきます。

くしゃみの真実

くしゃみは呼吸器官の反射で起こる身体の反応で、鼻に侵入した埃・細菌・ウィルスなどを体外に排出させるために行なわれます。喉に侵入した埃などを排出する咳とくしゃみは、同じ役目を持っているといえます。

くしゃみの役目

くしゃみは、風邪や花粉症を発症した際に鼻水と共に起こる回数が増加していきます。これは、鼻や喉に侵入した風邪のウィルスや花粉を排除するために身体が反応を起こすためです。ウィルスや花粉が侵入すると、鼻粘膜からの指令を受けて生成された伝達物質ヒスタミンが神経にくしゃみの信号が送られます。くしゃみの速度は時速300kmに達し、この勢いで3〜4mほどの範囲に鼻に入った埃・細菌・ウィルス・花粉を排出するのです。

くしゃみと噂

俗に「くしゃみは誰かに噂されている合図」といいますが、これは日本や中国などのアジアで主流となっている考え方のようです。「一そしり二笑い三惚れ四風邪」というように、くしゃみは誰かが自分について何か噂しているから起こるというものです。こういった「くしゃみと噂」の言い伝えは、「四回以上続いたらそれは風邪」というようにオチが付けられていることから信憑性の低い冗談のようなものと考えられます。

クシャミとおまじない

日本に限らず、世界中には「くしゃみは不吉なもの」と考える風潮があります。日本の「くしゃみ」という言葉の語源は、「くそはめ」または「休息万命(くそくまんみょう)」という呪文が転じたものといわれています。日本以外でも、英語圏では「Bless you(あなたに祝福を)」ドイツ語では「Gesundheit(健康を)」と、くしゃみをした人に声を掛ける習慣があります。このような習慣の背景には、「くしゃみをするごとに魂が抜ける、活力が逃げる」といった言い伝えが世界的に広まっていたといえるのです。日本の場合、「くしゃみ」という名前そのものをおまじないの呪文に結びつけたことで、他人に声を掛けてもらわなくても良いという合理化がされているといえます。

くしゃみの防止策

風邪を他人にうつす原因にもなるくしゃみは、出来ることならば人前で行なわないようにするのが無難です。しかし、生理反応の一種である以上自分の意思で完全にコントロールすることは不可能といえます。一番良い防止策としては、「マスクをする」ことです。マスクがもっているとされる風邪への感染予防効果には疑問がありますが、鼻への侵入物の量を抑制するという点においては効果的であるといえます。急にくしゃみが出そうになった時は、「息を大きく吐く」「鼻筋を人差し指と中指で擦る」などの方法で抑えられるようです。

鼻
<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank"><img src="http://hanatbresq.com/img/banner.gif" alt="鼻" width="88" height="31" border="0"></a>

鼻トラブルRescue

<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank">鼻トラブルRescue</a>

広告掲載