鼻トラブルRescue
お問い合わせリンク鼻トラブルRescue

鼻づまり

鼻の通りが悪くなる鼻づまりは、非常にわずらわしいものです。鼻呼吸が充分に行なえなくなるので口呼吸を代わりにしなければならなくなり、どこか落ち着かない気持ちになってしまいます。鼻づまりは一体どのような原因によって起こっているのでしょうか? 鼻づまりの解消法などを紹介していきます。

鼻づまりを治そう!

鼻づまりは「鼻閉」ともいい、空気の通り道でもある鼻の穴が何らかの理由で詰まったために起こるトラブルです。鼻詰まりの多くは物理的な原因によって発生しています。

症状

鼻詰まりの症状としては、「鼻呼吸がしにくくなる」ことが挙げられます。人間の呼吸器官は、口よりも鼻で行なう方が効率良く呼吸できるように出来ています。鼻づまりを起こしていると口呼吸の回数と間隔が多くなり、落ち着かなさや息苦しさを感じやすくなってしまい、生活のリズムに乱れが生じやすくなります。鼻づまりは、鼻のトラブルの中でも最もありふれた症状であり、多くの困難を引き起こすものなのです。

原因

鼻詰まりは多くの場合、鼻水や鼻粘膜の炎症を原因として発生します。濃い鼻水が乾燥して出来た鼻くそで鼻の中全体が詰まってしまうケースも見られます。場合によっては蓄膿症による腫瘍や異物などによっても発生します。鼻づまりはさまざまな鼻のトラブルを原因として起こる症状の一つともいえます。

治療法

鼻水や異物による鼻づまりならば鼻をかむなどで症状が改善されますが、炎症や腫瘍に伴う鼻づまりの場合は病院で治療を受ける必要があります。

基本的な治療

鼻づまりの治療において簡単で有効な方法が、鼻かみと鼻うがいです。鼻をかむ時は、片方ずつ力を掛けすぎないように静かにかむようにします。鼻うがいは、鼻粘膜に負担を掛けないように生理食塩水を使って、鼻から口に通すようにして鼻内部を洗浄します。

薬物治療

鼻づまりの原因がアレルギーや炎症である場合、スプレー式の点鼻薬による治療が有効です。アレルギーには症状を抑えるヒスタミンを配合したもの、炎症にはステロイドなどの抗炎症成分を配合したものが有効です。

外科治療

鼻茸などの腫瘍によって鼻づまりが起こっている場合は外科治療で腫瘍を取り除くことになります。鼻の腫瘍に対してはレーザーメスなどで焼き切る方法または口から切開して鼻の奥から切除する方法などが使用されます。場合によっては鼻粘膜を高周波で焼いて収縮させて再発を防ぐ方法が取られます。

鼻
<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank"><img src="http://hanatbresq.com/img/banner.gif" alt="鼻" width="88" height="31" border="0"></a>

鼻トラブルRescue

<a href="http://hanatbresq.com/" target="_blank">鼻トラブルRescue</a>

広告掲載